ソーラー発電機

ソーラー発電機

ソーラー発電機

このページは「家庭用ソーラー発電システムの仕組み 」の情報コンテンツです。
ソーラー発電機 > 家庭用ソーラー発電システムの仕組み

豆知識

家庭用ソーラー発電システムの仕組み

住宅でソーラー発電システムを利用するには、太陽電池モジュール、パワーコンディショナー、接続ボックス、発電モニターが必要になります。それぞれについてご紹介します。

太陽電池モジュール

テレビや雑誌で見たことがあると思いますが、太陽電池は10~15cm角の黒い板状の形をしています。この黒い板に太陽光が当たると電気を発生します。この黒い板である太陽電池がソーラー発電システムの最も重要な部分です。太陽電池を複数組み合わせて、必要な電流、電圧が得られるように、直列あるいは並列に接続してガラス板で覆ったものを太陽電池モジュールと言います。太陽電池モジュールは屋外に設置されるので、雨風にさらされても問題ないように丈夫に作られています。

接続ボックス

太陽電池モジュールで生成された電力は、接続ボックスと呼ばれる装置に集められます。そして、次のパワーコンディショナーへと送られます。太陽電池モジュールのかたまりを太陽電池アレイと言いますが、各アレイのチェックなどをこの接続ボックスで確認します。設置場所は太陽電池に近い場所が望ましいので、通常屋根の軒下などに設置されいます。

パワーコンディショナー

太陽電池から発生する電気は直流なので、これを交流に変換する機能や電力会社の電力系統と連結する際の制御や保護機能をもつ装置がパワーコンディショナーと呼ばれるものになります。パワーコンディショナーは半導体を組み合わせて構成される電子機器なので、良好な環境の場所に設置する必要があります。一般的には、玄関や洗面所など分電盤が設置されている近くの壁面に設置することが多いです。

太陽電池から送られる直流の電気を、家庭内で使用できる交流に変換するときに、いくらかロスが生じます。一般的なパワーコンディショナーの効率は94%前後です。当然ロスは少ない方が望ましいので、カタログを見るときは、この値に注目しましょう。

発電モニター

ソーラー発電がどのくらい発電しているのか、電力会社にどのくらい電気を売っているのか、を表示するモニターです。最近ではほとんど標準的につけられるようになりましたが、オプションの場合は、ぜひ取付けることをおすすめします。このモニターがあれば、1ヶ月、1年単位のデータも確認できます。データを確認することで、節電意識も高まります。

特徴

屋根リフォームや浴室リフォームをお考えならZINOへ

家をリフォームする機会に、本格的にソーラーパネルを付けたいと思っておられるなら、 ぜひこういったリフォームデザインがお勧めです。 プロの建築デザイナーが施工しますので、家庭用の簡易的なソーラー発電機とは違って、 本格的な発電量の多いソーラーパネルを設置可能です。 リフォームを大阪でお考えならぜひ!

ソーラー発電機 激安通販
ExecutionTime: 83 msec / Memory: 7.6 MB