ソーラー発電機

ソーラー発電機

ソーラー発電機

このページは「原発事故後に注目されたソーラー発電 」の情報コンテンツです。
ソーラー発電機 > 原発事故後に注目されたソーラー発電

豆知識

原発事故後に注目されたソーラー発電

東日本大震災では、停電により多くの都市機能がストップしてしまいました。現在の私たちの生活は、電力に多くを頼っています。万一災害に遭った時を考えて、電力会社からの供給だけでなく、自分たちで電力を賄うことも考えなければいけません。

地震などの災害時にソーラー発電はどう役立つのか

ソーラー発電は環境に優しく、クリーンで快適な生活を私たちにもたらしてくれますが、それだけではありません。地震や台風などの災害にあったときには、大きな恩恵を受けることになります。テレビ、冷蔵庫、パソコン、クーラーなど私たちが普段何気なく利用しているものの多くは電気がないと使いものになりません。災害によって送電がストップしてしまうと、何の役にも立ちません。しかし、ソーラー発電があれば、送電がストップしても、自力で発電することができ、普段とほとんど変わりない生活を送ることができるでしょう。

停電したときのソーラー発電

阪神・淡路大震災の時は、電力会社からの送電がストップするとソーラー発電も自動停止する仕組みであったため、自力発電ができませんでした。このことを教訓とし、電力会社の送電がストップしても自宅のソーラー発電を稼動できるように、ソーラー発電に関わる規則が改定されました。現在では、ほとんどのソーラー発電システムに自立運転機能が設置されています。

ただ、東日本大震災の際には、自立運転への切り替え方がわからない、という問題が指摘されました。現在の家庭用ソーラー発電システムでは、電力会社からの送電がストップした場合、自動的に自立運転に切り替るわけではありません。安全を確認するため、ユーザーが自分で切り替える必要があります。必ず説明書でやり方を確認しておきましょう。

ソーラー発電の蓄電について

ソーラー発電は太陽の力で発電しますが、太陽電池には蓄電機能がありません。太陽が照っていないときや夜でも電力を使用できるように、車のバッテリーとして使われている鉛蓄電池や新型のリチウムイオン電池などを組み込んだ大型の蓄電池が開発されています。大型蓄電池の価格は、現在はまだ高価ですが、電気自動車が普及してくれば、マーケットの拡大、技術的な向上が期待でき、価格も急速に低下してくるでしょう。

ソーラー発電機 激安通販
ExecutionTime: 81 msec / Memory: 7.6 MB