ソーラー発電機

ソーラー発電機

ソーラー発電機

このページは「国や地方自治体によるソーラー発電への補助 」の情報コンテンツです。
ソーラー発電機 > 国や地方自治体によるソーラー発電への補助

豆知識

国や地方自治体によるソーラー発電への補助

国としても、環境問題の改善のために、ソーラー発電の普及に力を入れており、平成20年度から「住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金」が開始されました。ソーラー発電システムの導入には、200万円前後の資金が必要になりますが、さまざまな補助制度を活用することにより、負担を軽減できます。

国の補助金制度

補助制度は毎年、金額等が変わりますので、申し込む際はご自分で確認してください。予算がなくなり次第、終了となります。対象者は個人でも法人でも構いませんが、新たにソーラー発電を設置しようとしている人が対象で、既に設置している人は対象外となります。

補助を受けられるソーラー発電システムは決まっていますので、取付け予定のメーカーに確認しましょう。気になる金額についてですが、平成24年度の場合は、太陽電池モジュールの公称最大出力1kWあたり、30,000円または、35,000円の補助が受けられます。この単価に太陽電池の公称最大出力をかけたものが補助金となります。取付けるシステムによりますが、最高で349,650円の補助が受けられます。

流れとしては、申し込んで、申込受理決定通知が来てから、工事に着工します。工事完了後に完了報告書を提出。交付決定通知を受け取った後に、補助金に受領となります。申込みと工事完了報告の二回、書類を提出しないといけませんので、注意しましょう。

地方公共団体の補助金制度

各地域の地方公共団体でもソーラー発電に対する補助金制度があります。お住まいの地域の役所で、補助金制度について確認してみましょう。例えば、大阪市であれば、1kWあたり70,000円。戸建住宅の場合、最高280,000円の補助を受けることができます。国の補助と合わせて利用すれば、かなり負担を軽減することができますぜひ活用しましょう。

余剰電力買取制度

補助金は、ソーラー発電システムを導入する際の補助でしたが、余剰電力買取制度は導入後に得られる恩恵です。この制度は、自宅で使用する電力を上回る量の発電をした場合に、上回った電力を1kW/hあたり42円で電力会社に売ることができる制度です。それも10年間固定で売ることができます。これにより設置費用をいくらか回収できますし、節電の効果も期待できますね。

ソーラー発電を監視できる隠しカメラ

家庭用ソーラー発電は屋外に設置するものですので場合によっては取られてしまうこともあるでしょう。 高価なものを選んでいた場合、狙われやすいので注意が必要ですね。 そういうときに役立つのがこういった隠しカメラです。 相手に気付かれないよう撮影する方法と、監視カメラを分かりやすい位置に設置して防犯対策が万全であることを アピールする方法があります。

ソーラー発電機 激安通販
ExecutionTime: 1694 msec / Memory: 7.6 MB