ソーラー発電機

ソーラー発電機

ソーラー発電機

このページは「マグニチュードと震度 」の情報コンテンツです。
ソーラー発電機 > マグニチュードと震度

豆知識

マグニチュードと震度の違いとは

地震の際に報道されるマグニチュードと震度。これを同一のものだと誤解する人も多くいるようですが、実際は計測の仕組みから大きく異なります。 ここではそんなマグニチュードと震度の違いについて説明しています。

マグニチュードとは

マグニチュードは、地震が発するエネルギーの大きさを表す指標です。 マグニチュードという言葉は、「大きさ」や「重要度」を表わすものなので、 地震以外にも使われますが、地震のマグニチュードがもっともポピュラーであり、 この記事でも地震についてのマグニチュードを取り扱います。 マグニチュードが0.2違うとエネルギーは約2倍になります。 1違うと、エネルギーは約32倍、2違うと、なんと1,000倍のエネルギーとなります。 一般的には、直下型地震の場合、M6を超えると大きな被害となる可能性が高く、 プレート型地震の場合は、M8前後が危険と言われています。 M5未満では、被害が生じることはほとんどないでしょう。 記録として残っている最もマグニチュードが大きかった地震は、 1960年のチリ地震で、M9.5でした。日本でも東北地方で大津波の被害がありました。 関東大震災がM7.9、兵庫県南部地震がM7.3です。

震度とは

マグニチュードは、地震そのものの強さを表わしますが、 震度は、ある地点の揺れの大きさを表わします。 なので当然ながら、観測地点によって震度は異なります。 現在、日本で使われている震度は、気象庁震度階級といい、 10段階で表わします。

0、 1、 2、 3、 4、 5弱、 5強、 6弱、 6強、 7

0から7までの数値で、震度5と6は弱と強で区分します。 震度8や9という数値はなく、どんなに大きな揺れでも最大で震度7となります。 1995年の兵庫県南部地震のときは、体感震度と計測震度を併用してましたが、 この地震により、従来の測定法の問題点が指摘され、 1996年からはすべて計測震度計による機械観測で行われるようになりました。 震度5と6が弱と強の2段階に分けられたのもこの時期からです。

震度7クラスの地震にあったら

震度7クラスの地震にあったらどうしたらよいか。 とにかくまずは自分の身の確保をしてください。 火の始末ができれば、一番よいのですが、震度7の揺れでは ほとんど動けないそうです。 揺れがおさまったら、水を貯めましょう。 もちろん飲むため、体をあらうためにも必要ですが、 特にトイレ用として水が必要となります。 それから、家から避難する場合は、必ずブレーカーを落としてください。 停電から復旧したときの通電で火災になることがとても多いのです。 家をわずかな時間でも離れるときは、必ずブレーカーを落としましょう。 そして、もしものために防災グッズは準備しておきましょう。 防災グッズ・サバイバルグッズを平時から用意しておけば、 万一被災したときも安心して行動できます。

ソーラー発電機 激安通販
ExecutionTime: 119 msec / Memory: 7.6 MB